事業内容

    

建物共済

住宅をはじめ、納屋、アパート、畜舎などの建物とその中に収入されている
家具や農機具の被害に対して補償いたします。

 

共済の種類

火災共済総合共済の2つの共済があります。
補償内容や生活プランに応じ、選択して加入できます。

引受対象

農家が所有または管理する建物および建物に収容されている家具類・農機具などです。

補償期間

共済掛金を払い込み、建物共済証券に記載された共済責任開始日の午後4時から1年間です。

共済金額
  • 火災共済 … 1棟あたり6,000万円まで加入できます。
  • 総合共済 … 1棟あたり2,000万円まで加入できます。

※ 同じ建物を火災共済と総合共済に重複して加入する場合の加入限度額は、6,500万円です。

対象事故

火災共済
火災、落雷、破裂または爆発、建物外部からの物体の落下飛来・衝突、給排水設備に発生した事故に伴う漏水、盗難によって生じたき損または汚損が対象です。
総合共済
火災共済の対象事故のほかに風水害、雪害、地震(3割補償)などの自然災害も対象となります。

共済掛金

普通物件(住宅、納屋、倉庫、畜舎、アパート等)で、1,000万円の補償は次の掛金になります。

一般造 耐火造B 耐火造A
火災共済 8,200円 4,700円 2,600円
総合共済 31,700円 29,200円 27,700円

※ 建物の用途により、共済掛金が異なります。

共済金の支払い

火災共済
加入割合が80%以上の場合
※加入金額を限度とします

損害共済金 = 損害額


  • 建物価額 2,000万円
    加入額 2,000万円

  • 損害額 1,000万円

  • 損害額 1,000万円
加入割合が80%未満の場合
※ 加入割合 … 建物の価額に対しての加入金額割合 ( 加入割合 = 加入金額 ÷ 建物価額 )

損害共済金 = 損害額 × { 加入金額 ÷ ( 建物価額 × 80% ) }


  • 建物価額 2,000万円
    加入額 1,000万円

  • 損害額 1,000万円

  • 625万円
総合共済
風水害の事故(1万円以上の損害)の場合
※損害割合80%未満の場合は、損害額から建物の価格の5%又は1万円のいずれか小さい額を差し引きます。

損害共済金=損害額-1万円×(加入金額÷建物価額)


  • 建物価額 2,000万円
    加入額 1,000万円

  • 損害額 500万円

  • 249万5千円
地震・噴火・津波の事故の場合
※損害割合5%以上が支払対象です。  ※家具類は損害割合70%以上が支払対象です。

損害共済金 = 損害額 × ( 加入金額 ÷ 建物価額 ) × 30%


  • 建物価額 2,000万円
    加入額 1,000万円

  • 損害額 500万円

  • 75万円

※火災事故の場合は、火災共済と同じ支払方法となります。

費用共済金

  • 残存物取片付け費用 … 被害を受けた建物・家具の残存物取片付けに要した費用として、実費または損害共済金の10%のいずれか低い金額をお支払いします。
  • 特別費用 … 火災等によって全損になった場合、仮住まい費用や緊急の生活費として共済金額の10%をお支払いします。(限度額200万円)
  • 損害防止費用 … 損害の防止に要した費用に対してお支払いします。
  • 失火見舞費用 … 火災・破裂・爆発により第三者が所有する物に損害が生じた場合見舞金等に要する費用を1世帯20万円・共済金額の20%を限度でお支払いします。(煙損害・臭気付着による損害を除く)
  • 地震火災費用 … 地震等による火災で建物が半焼以上の被害を受けた時、共済金額の5%をお支払いします。

 

特約

※特約については下記のPDFファイルを参照してください。


[参考:収容農作物補償特約について]

※ 詳細については、最寄りの組合にお問い合わせください。

TOP