事業内容

畑作物共済

大豆。風水害をはじめとする、あらゆる自然災害や病虫害、鳥獣害、
火災による減収に共済金をお支払いします。

加入条件

5アールまたは10アール以上(組合等の定款、条例で定める面積)を耕作する農家。

補償期間

発芽期から収穫をするまで。

災害対象

風水害、干害、冷害、ひょう害、その他の気象上の原因(地震及び噴火を含む)による災害、火災、病虫害及び鳥獣害。被害管理等の不良による減収は分割(共済の対象から除かれる)されます。

加入方式ごとの補償内容

一筆方式
一筆ごとの耕地の減収に応じて共済金を支払います。
耕地ごとに基準収穫量の3割を超える減収分から補償されます。
半相殺方式
農家ごとにみた減収に応じて共済金を支払うもので、減収した耕地の減収量の合計が、その農家の総基準収穫量の2割を超える減収分から補償されます。増収耕地については、増収分を収量とみなしません。
全相殺方式
農家ごとの出荷量によって、減収に応じた共済金を支払うもので、その農家の総基準収穫量の2割を超える減収分から補償されます。おおむね、全量をJA等の出荷施設へ出荷しており、過去5年の出荷実績のある農家が加入できます。

共済金額(補償額)

一筆方式・半相殺方式・全相殺方式
共済金額 = 1kg当たり価額 × 引受収量

引受収量

一筆方式
基準単収 × 7割 × 引受面積
半相殺方式
基準単収 × 8割 × 引受面積
全相殺方式
基準収穫量 × 9割

共済掛金

  • 共済掛金 = 共済金額 × 共済掛金率
  • 農家負担共済掛金 = 共済掛金 – ( 共済掛金 × 国庫負担割合 )

引受方式ごとの補償割合

基準収穫量 7割負担 3割を超える減収を補償 8割負担 2割を超える減収を補償 9割負担 1割を超える減収を補償 引受収量 一筆方式 半相殺方式 全相殺方式 農家責任部分(共済金支払対象外) 共済の引受部分(共済金の支払対象)基準収穫量 7割負担 3割を超える減収を補償 8割負担 2割を超える減収を補償 9割負担 1割を超える減収を補償 引受収量 一筆方式 半相殺方式 全相殺方式 農家責任部分(共済金支払対象外) 共済の引受部分(共済金の支払対象)
引受収量
共済で補償する最高限度収量
基準収穫量
平年の収穫量をふまえて、その年に見込まれる収穫量

共済金の支払い

  • 55%

  • 農家

    45%

共済金の支払い

一筆方式・半相殺方式・全相殺方式
共済金 = 1kg当たり価額 × 共済減収量

共済減収量

一筆方式
( 引受単収 – 収穫見込単収 ) × 引受面積
半相殺方式
減収分合計 – ( 基準収穫量 × 20% )
全相殺方式
( 基準収穫量 – 出荷量 ) – ( 基準収穫量 × 10% )

※ 詳細については、最寄りの組合にお問い合わせください。

TOP