事業内容

果樹共済

ぶどう、なし、かき、キウイフルーツ、うんしゅうみかん。
自然災害等により、果実の収穫量及び生産金額が減少した場合に
共済金をお支払いします。

加入条件

組合等の区域内に住所を有し、組合等の定款等で定める一定面積以上(5~10a)の栽培面積を有し、果樹栽培の業務を営む農家です。共済目的の種類ごと及び果樹の年産ごとに、農家が栽培している樹園地のすべてを申し込み、加入することが条件です。

加入方式

農家が自由に選択できます。ただし、災害収入共済方式には条件があります。

樹園地方式
樹園地ごとの減収量が、その樹園地の基準収穫量の4割または3割を超える減収分から補償されます。
半相殺方式
加入農家ごとに樹園地ごとの減収量の合計が、その農家の基準収穫量の合計に対して、3割または2割を超える減収分から補償されます。
全相殺方式
加入農家ごとに樹園地ごとの実収穫量の合計が、その農家の基準収穫量(平年の収穫量をふまえて、その年に見込まれる収穫量)の8割を下回った場合に補償されます。
災害収入共済方式
加入農家ごとに樹園地ごとの実収穫量の合計が、その農家の基準収穫量の合計より少なく、かつ品質の低下等に伴い、その農家の生産金額が基準生産金額の8割を下回った場合に補償されます。

  • ※ 全相殺方式及び災害収入共済方式への加入条件
    過去5ヵ年以上、収穫物のほとんどをJAに出荷しており、かつ今後もそれが見込まれる農家。
  • ※ 基準収穫量最近4ヵ年中、中庸2ヵ年の平均10アール当たり収穫量をもとに、年々の収穫量の変化、隔年結果による収穫量の変動、その農家の品質の高低等をふまえて決められた平年的な収穫量
  • ※ 実収穫量JAへの出荷数量に自家用、贈答用の数量等を加え、総量を出し、それにその農家の品質の高低等をふまえて決められた収穫量

対象災害と補償割合

共通方式 対象災害 補償割合
樹園地
方式

半相殺
方式
減収総合一般方式 一般方式 すべての災害 樹園地方式:6割
半相殺方式:7割
短縮方式
特定危険方式 減収暴風雨方式 暴風雨 樹園地方式:7割
半相殺方式:8割
減収ひょう害方式 ひょう
減収凍霜害方式 凍傷または降霜
減収暴風雨・
ひょう害方式
暴風雨、ひょう
減収暴風雨・
ひょう害・凍霜害方式
暴風雨、ひょう、凍傷または降霜
全相殺方式 すべての災害による果実の減収による損害 7割
災害収入共済方式 すべての災害による果実の減少または品質の低下に伴う生産金額の減少による損害 8割
※ すべての災害とは
風水害、ひょう害、干害、寒害、その他の気象上の原因による災害、地震、噴火、地滑りの害、火災、病虫害、鳥獣害などの災害

補償期間

果樹は一般に春季に開花し、その年に結実するものですが、その花の源基(花芽)は、すでに開花の前の年に新梢上に形成されており、この時期以後に災害を受けた場合には、果実の収穫量や品質に影響します。
そのため、共済責任期間は収穫年の前年である花芽の形成期から、その花芽から生成した果実を収穫するまでの期間となっています。
ただし、減収総合短縮方式及び特定危険方式については、収穫年における発芽期から果実を収穫するまでの期間です。そのため、発芽期前に発生した損害に対しては、支払いの対象とはなりません。

共済金額(補償額)

樹園地方式・半相殺方式
共済金額 = 標準収穫量 × 1kg当たり価額 × 農家の選択割合
樹園地方式 半相殺方式
減収総合方式 4~6割 4~7割
特定危険方式 4~7割 4~8割
全相殺方式
共済金額 = 標準収穫量×1㎏当たり価額×農家の選択割合(4~7割)

※ 標準収穫量 … 樹園地ごとに過去の収穫量や肥培管理状況等から翌年の収穫量を決めたもの

災害収入共済方式
共済金額 = 基準生産金額×農家の選択割合(4~8割)

共済掛金

樹園地方式・半相殺方式・災害収入共済方式
共済掛金 = 共済金額 × 共済掛金率
農家負担共済掛金 = 共済掛金 – ( 共済掛金 × 国庫負担割合 )

  • ※ 国庫負担割合は50%です。
  • ※ 防災施設(防風ネット等)を設置している場合は、共済掛金が割引されます。

共済金の支払い

樹園地方式・半相殺方式
共済金 = 共済金額 × 支払割合 ( % )
災害収入共済方式
共済金 = ( 共済限度額 – 生産金額 ) × ( 共済金額 ÷ 共済限度額 )

※ 詳細については、最寄りの組合にお問い合わせください。

TOP